カテゴリー「日記」の31件の記事

2016年2月25日 (木)

堀越神社~茶臼山

四天王寺の堀越神社を訪ね、天王寺公園を散策しました。
茶臼山へは、登り路が工事中で登れませんでした。

茶臼山
Cimg1142


続きを読む "堀越神社~茶臼山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

2月14日 大雪

大雪警報の出る大雪。
奈良県では24年ぶりの大雪警報です。

Dscn9535


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

2月9日 纏向遺跡 発掘説明会

纏向遺跡で新たな建物跡が発掘されました。
2009年に確認された3世紀前半の大型建物跡の東側で、中軸線が大型建物跡の建物群と同じ東西の同一線上並んでいます。
現地説明会に出向きました。

これまでの調査地と今次調査地の配置図
Dscn9420

今次調査地
Dscn9420001Dscn9452

参照
2009年に大型建物跡が発掘されたときに発掘調査中の当地を訪ねましたが、その時の散策記です。
→2009年11月12日 (木) 外山茶臼山古墳~纒向遺跡 探訪


続きを読む "2月9日 纏向遺跡 発掘説明会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

8月30日 正倉院見学

修理中の正倉院を見学しました。

Cimg4791

Cimg4807

Cimg4830


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

デジカメ更新

この1月ごろからデジカメの写りがよくないので、
GPS機能付きのデジカメに更新しました。
庭の花木の試撮りです。
Cimg0023

Cimg0021

Cimg0020

Picasa3で地図上に表示させてみると、位置情報はかなり正確。
位置情報を消去してアップしました。

なお、従前のデジカメを点検に出したところ、レンズが汚れていたためと分かり、販売店保障期間内で無料でレンズ掃除してもらえました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

3月28日 琵琶湖遊覧

孫を連れ、浜大津からミシガン号で琵琶湖を遊覧

Dscn9031
Dscn9027

昼からは、三井寺へ小散策

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

3月20日 庭 蕗の薹

庭の片隅に数年前に植えた蕗
今年は花が咲かないのかなと諦めかけていたら
ようやく蕗の薹が芽だししていました

Dscn8977

Dscn8978


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

あれから1年

2011/3/11
大仏殿、生駒山への落日  二月堂舞台から
Dscn6170

2011年3月11日。
お水取りさなかの二月堂に参拝していました。
2011年3月11日 (金) 二月堂修二会見学
ちょうどその頃、福島原発が危機状態にありました。
それから1年近く、まだ隠された事柄があるのかもしれませんが、
当時の経緯がすこしずつ明らかになってきました。

生活の利便性をとるか、脱原発に梶をとるか、選択を迫られています。
しかし、悲観はするまい、日はまた昇る!


太平洋に登る朝日 伊勢菅島にて
Dscn1380

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

11月27日 地域自主防災訓練

地域自主防災訓練です。
9時に大地震想定で訓練開始。
家庭での初期対応。
安全確認し、安全の印として白布を外部から見えるところに掲げる。
近くの公園に集まって、小学校へ避難。
小学校で、簡易担架の組み立てや消火訓練などを行い、
缶詰パンと炊き出し訓練のトン汁を試食し、訓練終了。

まず、テントを建てます
Dscn7859

棒2本と毛布で手際よく簡易担架づくり
Dscn7869AED操作練習
Dscn7867

ちびっ子消防隊 水放射!
Dscn7874粉末消火器による消火訓練
Dscn7881

粉末消火器の消火剤放射は10秒程度。
火元に近づいて、炎を覆うように放射し、消火に失敗したら、すばやく逃げる!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

2011年11月 正倉院展 興福寺三重塔

正倉院展を観覧しました。
平日なのに入館まで30分待ち。内部もかなり混んでいました。
旧館の奈良仏像館も見学。
東大寺西大門扁額などが東大寺ミュージアムに持っていかれたため、配置仏像が何体か替わっていた。
退出すると、すぐに忘れてしまうが・・・
興福寺三重塔初層が公開されていたので、見学。
内陣には4方仏が各千体描かれているが、不鮮明。西扉未開放。
東に弁財天坐像及び眷属十五童子が置かれてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)