カテゴリー「伊勢街道」の6件の記事

2012年10月13日 (土)

10月10日~12日 伊勢本街道 田丸~内宮

なら歩楽歩楽会で、伊勢本街道を断続的に田丸まで歩き、しばらく中断していましたが、今回、田丸から内宮まで歩き、ようやくゴールです。


より大きな地図で 伊勢本街道を歩く を表示

2010年4月13日(火) 榛原~高井
2010年2月6日(土) 榛原~自明
2006年10月25日 (水) 高井~血原橋
2009年7月 9日(木) 血原橋~山粕(山粕峠越え)
2007年10月10日(水) 山粕~御杖(鞍取峠越え)
2008 年7月14日 (月) 御杖~奥津
2009年10月31日(土) 伊勢奥津~横野(飼坂峠、櫃坂峠越え)
2010年5月31日~6月2日 横野~相可~田丸
2012年10月11日~12日 田丸~外宮~内宮

(作成中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

5月31日~6月2日 伊勢本街道 大石~田丸

なら歩楽歩楽会シニア5名で深野~田丸を散策しました。
5月31日
松阪からバスで大石。
大石から大石神社、大石不動院、深野に逆行し、深野棚田を観光しました。
旅館高光館に、深野バス停まで迎えに来てもらい、高光館に宿泊。
6月1日 午前中小雨 降ったり止んだり
近くの粥見神社参拝後、高光館に大石バス停まで送ってもらい、大石から歩き始めました。
国道沿いのコンビニで昼食用のおにぎり購入。
上茅原神社、茅原神社、津留の渡し、津留八所神社、鍬形不動院などを巡り、相可まで歩く。
鹿水館泊まり。
夕食は鮎づくし。
6月2日
御船神社、榛原(すぎはら)神社を参拝、田丸まで歩き、田丸駅前の食堂で昼食後、松阪経由で帰りました。


より大きな地図で 伊勢本街道を歩く を表示

(写真整理中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

4月13日 伊勢本街道 榛原~悟真寺~高井

なら歩楽歩楽会シニア8名で、伊勢本街道を榛原から悟真寺経由で高井まで歩きました。
悟真寺の枝垂桜は、前日の雨で、花びらがほとんど散ってしまっていました、残念despair


より大きな地図で 100413榛原~悟真寺~高井 を表示

伊勢本街道を歩く」の地図は編集中です。

榛原の札の辻から伊勢本街道を歩きます。
伊勢本街道
右 あぶらや 左分岐に道標
Dscn2162左 あをごえ  右 いせ本かい道
Dscn2163

墨坂神社に立ち寄ります。
本社拝殿
Dscn2168境内摂社の多い神社です
左端に水天宮  右端に大山祇神社
Dscn2176Dscn2172

宇陀川 上流方向
前方鳥居 墨坂神社
Dscn2185宇陀川沿いに下ります
Dscn2187

真光寺
Dscn2190


御井神社
Dscn2191拝殿、本殿
Dscn2193

自明で左に折れ、自明山悟真寺に登ります。
桜に覆われた自明山悟真寺
Dscn2204枝垂桜は前日の雨で
残念な姿
Dscn2197山桜は折からの風で
桜吹雪でした
Dscn2200

国道369号に降り立ったところに、
弘法大師が爪で描いたとかいわれる不動尊磨崖仏
Dscn2206

すぐ先から、旧道に入ります
Dscn2210ショウジョウバカマ かな
Dscn2213伊勢本街道保存会の
目印がところどころにありました
Dscn2215

道中写真は、ピカサウェブアルバムに掲載してあります。
位置情報追加してありますので、マップ上で見ることもできます。
ピカサウェブアルバム 伊勢本街道 榛原~悟真寺~高井 写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

榛原 宗祐寺~悟真寺

大和路散策会2月例会で、榛原駅から悟真寺まで散策しました。
この道は、伊勢本街道のまだ歩いていない区間(榛原~高井)のほぼ中ほどまでの道です。


より大きな地図で 伊勢本街道を歩く を表示


最高温度予想5℃
榛原は東山中なので、さらに厳しい寒さが予想されます。
厳しい寒さが予想される中、参加者26名。
皆さん元気です。

札の辻
伊勢本街道と表街道の分岐点です。
辻の前には、元旅籠あぶらやがあります。
Dscn1198あぶらや
Dscn1199本居宣長公宿泊
Dscn1197

伊勢表街道沿い、すぐ近くに、
宗祐寺
Dscn1200新しそうな本堂
Dscn1202融通念仏宗の榛原地区の中本山です。


→融通念仏宗青年会HP > 宗祐寺 http://www.yuzusei.com/temple/nara3/souyuuji/index.html

境内手水の水口は、亀です
Dscn1204つららが垂れている!
Dscn1205

本堂天井 ネパールの仏像絵
Dscn1207108 ひとつひとつお姿が異なっている!
Dscn1206Dscn1208

庭園も立派です
Dscn1211七福人像
Dscn1212


伊勢表街道に沿ってしばらく進むと、椋下(むくもと)神社です。
高倉下命を祀り、神武東征神話にも関わる古い神社だそうです。
Dscn1219
Dscn1222本殿は階段の上
Dscn1220

少し戻り、伊勢本街道を高井方面に向かいます。
宇陀川に沿って下ります。

上流 正面 墨坂神社
Dscn1225下流 進行方向
Dscn1226

いつの間にか、川の流れが変わっている!
内牧川との合流点から、内牧川を遡っているのです。
檜牧、自明の集落を過ぎたあたりで、右折れし、山道を登ります。
分かれ道には、注意していないと見落としてしまうような、見にくいものの、悟真寺への道標があります。

「この道でいいんだろうか?」と迷いながら、山道を登り続けると、前方上方にぽつんと建物が見えてきます。
自明山悟真寺です。
石段を登ります。
枝垂桜の巨木、花の時期には、見事な光景でしょう。
Dscn1231曹洞宗自明山悟真寺
Dscn1234寺宝 誕生釈迦仏
Dscn1235
奈良国立博物館で見る誕生釈迦仏は、この寺の寺宝だったんだ!

本堂に上がらせてもらい、住職さんの説明を受け、本尊聖観音菩薩像の前で、昼食。
茶菓子もだして頂きました。

帰路、復路に素通りした御井神社に立ち寄りました。
Dscn1241本殿
Dscn1238このあたり、ツルマンリョウ自生地の北限だとか。
Dscn1240

道路情報に、気温1℃。
Dscn1242

途中、小雪の吹雪にも遭い、手指のかじかむ寒い散策行でした。

ドアtoドアで、15千歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

伊勢本街道 伊勢奥津~横野

10月29日~30日、伊勢本街道を伊勢奥津から横野まで歩きました。
10月29日 伊勢奥津→飼坂峠→上多気
泊まり 津市美杉町上多気1312 民宿『なかや』
10月30日 上多気→櫃坂峠→仁柿→横野(→粥見)
泊まり 松阪市飯南町粥見3761-3 高光(こうみつ)館

初日、伊勢奥津まで松阪経由JR名松線で行く予定でしたが、先日の台風で名松線は家城以降不通、代行バスのない時間帯だったので、松阪から伊勢奥津まで、やむなく、タクシーを利用することにしました。
前日の「えきから時刻表」Web検索で、注記がなく、松阪駅で家城~伊勢奥津間不通を初めて知り、急遽、駅前のタクシー運転手と料金交渉。
伊勢奥津まで対向車のほとんどない山道を1時間ほど走ってもらいました。
5人同乗なので、一人当たり料金は、JR運賃のほぼ倍程度で納まりました。

JR東日本は、復旧工事を中断しているとか。このまま、なし崩し的に、名松線廃線を狙っているようです。
伊勢本街道を一気に歩くことのできない者にとって、伊勢本街道を歩くのに、ますます交通の便が悪くなってしまう
angry


より大きな地図で 伊勢本街道を歩く を表示

グーグルのPICASAアルバムに写真を掲載しました。
グーグルのPICASAアルバム

(作成中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

伊勢本街道 山粕峠越え

なら歩楽歩楽会シニア5名で、伊勢本街道を、血原から山粕まで散策しました。
なら歩楽歩楽会で伊勢本街道を伊勢まで歩こうと、
2006年10月に高井から血原橋まで、
2007年10月には、山粕から御杖まで、
2008年7月には御杖から奥津まで散策しました。
血原橋から山粕までが抜けたままになっていました。

これまでの散策記
2006年10月25日 (水) 高井~血原橋 散策
2007年10月10日 (水) 伊勢本街道 鞍取峠越え
2008年7月14日 (月) 伊勢本街道 御杖~奥津

血原橋へのバスは廃止されたとのことで、榛原から曽爾行きバスで近辺まで行き、伊勢本街道に入ることにしました。
バスの運転手さんに、コースを説明し最寄駅を尋ねると、弁財天停留所の先、栂坂トンネル手前の分岐点で降ろしてもらえました。バスが旧道を通るのであれば、もう少し先までバスで行けるのですが、バスは、ここからトンネルに入ります。
場違いに立派な旧道(すぐに狭くなるのも不思議)を下り、室生への分岐で室生川に沿って室生方面に下ります。
R0010152室生方面への分岐
R0010153

渓谷沿いの道の山側に、ホタルブクロやトラノオが咲いています。
キキョウ科ホタルブクロ
R0010155サクラソウ科オカトラノオ
R0010154ウバユリは蕾です
R0010156

カラスウリと思われる花も咲いていました。
R0010159カラスウリの花は、夜の間だけで、日が当たると萎んでしまうはずなのに。
キカラスウリかな?
R0010158

草花を愛でながら、30分ほどで、黒岩口です。
宇陀市営バスの停留所がありました。
R00101601日3便バスが通っている!


伊勢本街道の山粕へは、ここから、登っていくのでしょうが、道標がないので、更に下ることにしました。
3分ほどで、伊勢本街道黒岩への道標が見つかり、06年に散策を中断した箇所にたどることができました。
R0010165
R0010166

ここからが、中抜けとなっていた伊勢本街道散策の続きです。

(続き 7月14日記載)

続きを読む "伊勢本街道 山粕峠越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)