カテゴリー「Français」の15件の記事

2007年7月 4日 (水)

ボダイジュ

5月19日 パリ チュイルニー公園オランジュリー美術館の前
Rimg0186w800

シナノキ科特有のへら形の苞をつけた花序です。
チュイルニー公園のこのあたり一帯に等間隔で植えられていました。

公園の端から端まで整然と
Rimg0198w800ボダイジュの花
Rimg0195w800花序拡大
Rimg0195s800

このボダイジュが、シューベルトの♪泉に沿いて茂る菩提樹♪と歌われるリンデンバウム Lindenbaum(セイヨウシナノキ Tilia europaea)だろうか。
植物図鑑で調べてみると、セイヨウシナノキは、ナツボダイジュ Tilia platyphyllos とフユボダイジュ Tilia cordata の雑種とある。
ナツボダイジュ、フユボダイジュ、と言っても、花の咲くのはどちらも春から夏にかけて。図鑑の写真で見ても、違いがよく判らない。

アヌシー湖の畔の公園にもボダイジュがあった。
ここの公園の樹木には名札が付いている。
名札によると、Tilia platyphyllos scop。
写真不鮮明だし花が咲いていないので、パリのボダイジュと同じか否か判定できない。

アヌシー湖畔のボダイジュ
Rimg0672w800幹の名札
Rimg0670w800まだ蕾でした
Rimg0671w800

なお、
日本のシナノキは、Tilia japonica。
釈迦が木の下で瞑想したという木は、クワ科のインドボダイジュ Ficus religiosa。
日本の寺院にインドボダイジュの代わりとして植えられているのは、中国原産のシナノキ科のボダイジュ Tilia miqueliana。

参照
クワ科のインドボダイジュ
pict5095w8002006/12/13 雨の西の京

日本の寺社に植えられているシナノキ科のボダイジュ
pict2465v8002006/6/8 菩提樹、沙羅の樹 @飛鳥寺


| | コメント (3)

フランス 街角風景

5月 フランスの街角風景です。

シテ島 ノートルダム寺院の近く
Rimg0230w800
Rimg0231w800
Rimg0257w800

パリ市内の通り
Rimg0418w800
Rimg0435w800
Rimg0497w800

アヌシーのメイン?通り
Rimg0636w800
Rimg0637w800
Rimg0811w800

| | コメント (0)

フランス 朝市

5月19日 パリ
凱旋門からエッフェル塔に向かって歩いている途中、道沿いで朝市を開いていました。
パリでは、毎日、どこかで朝市が開かれているそうです。
果物、野菜、魚介類、花などいろいろなものを並べていました。

野菜
Rimg0143w800魚も
Rimg0145w800カラフルな花屋さん
Rimg0149w800

5月25日 アヌシー
旧市街の朝市の日です。
観光客も大勢。
多種多様なチーズ、ソーセージが並べられていました。
手作りクッキーも。
花や野菜の苗も扱っていました。

旧市街 朝市風景
Rimg0774w800野菜
Rimg0778w800果物
Rimg0785w800

チーズ
Rimg0777w800チーズ
Rimg0790w800ソーセージ
Rimg0791w800

| | コメント (0)

2007年6月19日 (火)

フランス旅行写真

5月のフランス旅行の写真を、Yahoo!フォト に掲載しました。

Yahoo!フォト MyPhoto2
   パリ Paris
   モンサンミッシェル Mont St-Michel
   ジベルニー Giverny
   アヌシー Annecy

| | コメント (0)

2007年6月17日 (日)

セーヌ川

パリは、セーヌ川沿いに開けた町です。
パリは、セーヌの流れを美しく採り込んでいます。

ノートルダム寺院の上からセーヌ川を望む
Rimg0283w800

パリ市庁舎付近より
Rimg0229w800エッフェル塔前のイエナ橋より
Rimg0174w800パリ郊外
観光バス車窓より
舟の家?
Rimg0405w800

| | コメント (2)

アヌシー

アヌシーは、パリのリヨン駅から高速列車TGVで約4時間、スイス国境近くの町です。
5月23日9:50リヨン駅を出発。
アヌシー近くのターミナルで進行方向を変え、アルプスの山並みを望みながら1時間近く、13:36アヌシー着。
ホテルにチェックイン後、アヌシー市街を散策しました。
徒歩数分でアヌシー湖畔。
アヌシー湖から流れ出る運河沿いが旧市街です。
運河の中洲には宮殿(旧牢獄、現在は歴史博物館)、南岸の丘にはアヌシー城(現在は博物館)があり、旧市街地の建物が城壁となっています。
啓蒙思想家ジャン・ジャック・ルソーが一時期住んでいたそうです。

アヌシー湖畔
Rimg0604w800
Rimg0611w800
Rimg0616w800

船着場
Rimg0617w800中洲の宮殿
Rimg0799w800ジャン・ジャック・
ルソーが住んでた
Rimg0700w800


翌日、アヌシー湖を遊覧しました。
アヌシー湖は、ヨーロッパで最も透明度が高い湖だそうです(「地球の歩き方 フランス」P454)。

アヌシー湖上の眺望
Rimg0717w800

Rimg0719w800
Rimg0735w800
Rimg0742w800

Yahoo Myphoto2 に、アヌシーでの写真を掲載しました。
Yahoo Myphoto2 > アヌシー写真


| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

ジベルニー

ジベルニーへは昼からの半日観光です。
前日のモンサンミッシェル観光バスツアーと同じコースでパリを後にし、1時間ちょっとでジベルニーに着きました。
ジベルニーには、モネの家と庭園が保存、公開されています。
モネの家には、モネの作品のレプリカのほかに、モネが蒐集した浮世絵が展示されています。
モネは、自宅の近くに、セーヌ川支流の小川の水を導入し、睡蓮、柳、竹などを配した「日本風」の庭を作り、季節や時刻によって変化する睡蓮の絵を描きましたが、その庭も整備され公開されています。
小学校の校外学習でしょうか、子供たちのグループも観覧に訪れていました。

睡蓮の庭
Rimg0516w800
Rimg0517w800
Rimg0522w800

庭園
モネの家の窓から
Rimg0549w800
Rimg0550w800Rimg0551w800

| | コメント (0)

モンサンミッシェル

Myu Bus の観光バスツアーで、モンサンミッシェル観光に行きました。
凱旋門のロータリーをまわってブーローニュの森の傍を通って一路モンサンミッシェルに4時間半のバス旅行・・・のはずでしたが、出発直後にバスの後輪がパンク、1時間ほど走ったところのサービスエリアで代替車の到着待ち。
たっぷりの休憩が取れましたが、1時間近くの遅れ。
カンで高速を降りて、しばらく進むと、地平線のかなたに小さな構造物が見えてきます。

モンサンミッシェル 遠望
車中より撮影
Rimg0345w800


バスはモンサンミッシェル島のすぐそばに着きます。
近すぎて全形写真が撮れない!
現在は島の間近までバスで来れますが、モンサンミッシェルの景観を護るために、陸地と島を結ぶ道路を撤去し、陸地と島をつり橋で繫ぐ計画が進行中だそうで、もうすぐ島に隣接するバス駐車場は廃止されるとのことです。
モンサンミッシェルは修道院ですが、同時に強固な城です。
城門は入ると両側建物に挟まれた狭い道。
途中の海に面したレストランで遅い昼食。
名物の大きなオムレツも出ました。

島内
城門 跳ね橋です
Rimg0349w800狭い大通り
Rimg0352w800名物オムレツ
Rimg0355w800

修道院は、標高80メートルの岩山の中腹から頂上にかけて建てられています。頂上には教会が聳え立っています。

教会前のテラスからの展望
Rimg0370w800連絡道路とバス駐車場
Rimg0364w800広がる干潟
Rimg0362w800

教会
Rimg0363v800教会内部
Rimg0372w800

午後4時前には島を後にし、帰路に着きました。
ガイドさんは、行きも帰りも、コース周辺の名所や出来事や植生などさまざまなことを説明してくれました。
帰りは、ウトウトし、よく聞き取れませんでした。

パリ到着後、観光会社から、パンク遅れのお詫びがあり、料金の一部返金がありました。


| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

パリ 美術館

パリでは、オランジュリー美術館とオルセー美術館を観覧しました。

オランジュリー美術館は、モネのために建てられた美術館です。
ふたつの楕円形の大広間の壁全体にモネの晩年の大作「睡蓮 Nympheas 」が展示されています。
地下展示室には、ドラン、ルノワール、セザンヌ、マティスなどの作品が展示されています。

オランジュリー美術館
モネ 連作 睡蓮 Nympheas
Rimg0187w800
Rimg0188w800
Rimg0191w800

オルセー美術館は、1900年にオルレアン鉄道の終着駅として建てられた駅舎を転用した美術館です。
19世紀後半から20世紀初期の作品が集められています。
モネ、マネ、ルノワール、ドガ、ゴッホ、セザンヌなどの作品を、閉館間際だったので、駆け足で見ました。
日本でも公開されるなど馴染みの作品も多かったですが、この画家にこんな作品もあったのかと思えるような日本に紹介されていない作品も多々ありました。

オルセー美術館
駅舎転用の美術館
Rimg0294w800ルノワール
若い女性のトルソ、陽の効果
Rimg0295w800モネ
日傘をさす女
Rimg0296w800

両美術館とも、展示品は間近で鑑賞できますし、フラッシュ無しであれば写真撮影は自由でした。
最近のデジカメは、ピント合わせに光線を発しているが、作品に支障ないのかな。


| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

パリ 市内観光2

5月22日(火)午前中、パリ市庁舎近くのホテルからオペラ座まで歩き、市内観光しました。

パリ市庁舎、ポンピドー芸術文化センター、フォーロム・デ・アールなどを見ながら歩いていくと、すぐに旧ルーブル宮殿の東端に着きました。ルーブル美術館入口の反対側です。
堀跡?が残っています。

左後方 パリ市庁舎   
Rimg0411w800ポンピドー芸術文化センター
Rimg0416w800ルーブル宮 東端
Rimg0438w800

建物の壁の随所に石像が飾られています。 
19日(土)夕方、ルーブル美術館の前を通ったときは、人で溢れていましたが(同日は6時から美術館は無料開放される日だったそうです)、今日は、休館日なので、観光客は殆んどいません。
建物の彫刻をゆっくり鑑賞することが出来ました。

ルーブル美術館中庭
ガラスのピラミッド
Rimg0457w800彫刻いっぱいの建物
Rimg0472w800彫刻 望遠拡大
Rimg0473w800

ルーブル宮殿跡を北へ出ると、正面に、オペラ座が見えます。
オペラ座の前まで歩きました。

オペラ座
Rimg0479w800
Rimg0481w800
Rimg0489w800

昼からは、観光バスでジベルニーを観光しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧